2016年10月26日

釣れれば、それは『釣果』の内
 
朝7時に出て、14時半頃沖上がりの1日で
 
船中たったの『1つ』のイナダだったり、クロダイだったり、イシダイだったり…
 
それでも、タイが何枚釣れていようと、混じり物として釣果になります
 
釣果に出さない(出せない?)事もありますが…
 
 
 
「イナダ混じる」
 
1日を通して、1つだったり、ある程度の方が釣れたりする日があったり…
 
それでも、釣果は「混じる」です。
 
「イナダくらい、釣れるんでしょ?」的な甘い考えは捨てましょう!
 
当たりがあることに、シアワセを感じてください。
 
毎度の事ながら、生意気言って申し訳ないです
 
嫌がらせに「イナダ、釣れる?」って、聞いてください
 
「居るけど、居ねぇから、釣れない…」と、返しますから…
 
 
 
 
 
posted by 哲郎船長 at 17:53 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする